Q:金融機関に対して返済が困難な場合,どのように対処すればよいでしょうか?

質問

Q:金融機関に対して返済が困難な場合,どのように対処すればよいでしょうか?

回答

A 金融機関に対して,一定の期間,借入金の返済を猶予してもらうことにより,資金繰りを改善させることができます。

令和2年3月6日付の財務大臣兼金融担当大臣が談話を公表し,官民の金融機関に対して,以下の要請をしました。

 

「資金面において事業者が年度末を乗り越えられるよう,

・ 既往債務について,事業者の状況を丁寧にフォローアップしつつ,元本・金利を含めた返済猶予などの条件変更について,迅速かつ柔軟に対応すること

・ 新規融資について,各金融機関の緊急融資制度の積極的な実施(担保・保証徴求の弾力化含む)に加え,政策金融機関や信用保証協会によるセーフティネット貸付やセーフティネット保証等の活用も含め,事業者のニーズに迅速かつ適切に対応すること

・ こうした事業者に対する支援を迅速かつ適切に実施できる態勢を構築すること

を現場の営業担当者等を含めた金融機関全体に徹底頂きたいと存じます。また,事業者から不必要に多大な書類等を徴求することがないよう配慮願います。」

(出典:財務省HP

 

もちろん談話ですので,強制力はございませんが,金融機関も無視はできないはずです。
お困りの場合は,大臣談話を踏まえ,金融機関に相談してみてください。
また,弁護士による交渉も可能ですので,お困りの際は是非一度ご相談ください。

 

返済猶予だけではなく,融資制度を活用する手段もございます。
国や自治体による,緊急融資制度や信用保証制度を活用することも検討してみてください。詳しくは,経済産業省のHPをご覧ください。

また,雇用を守るための雇用調整助成金もあります。詳しくは,厚生労働省のHPをご覧ください。

 

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。 神戸事務所TEL:078-382-3531 姫路事務所TEL:079-226-8515 受付:平日9:00~20:00 弁護士法人 法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会所属)

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

神戸事務所 078-382-3531

神戸事務所 079-226-8515

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

受付平日9:00~20:00