私の父は会社経営をしていたのですが,業績が著しく悪化したためやむなく破産をする ことになりました。しかし,破産の申立てをする直前に父が急死してしまいました。こ の場合,破産の手続きはどのようにしたら良いでしょうか?

質問

私の父は会社経営をしていたのですが,業績が著しく悪化したためやむなく破産をすることになりました。しかし,破産の申立てをする直前に父が急死してしまいました。この場合,破産の手続きはどのようにしたら良いでしょうか?

回答

新たな代表取締役を選任して破産申立てをしてもらうか、他の取締役に破産申立てをしてもらうことが考えられます。

 

亡くなられたお父様を申立人として法人の破産申し立てをすることはできません。この場合、㋐新たな会社代表者を選任し、その新たな会社代表者に法人の破産申立てをしてもらうことや、㋑代表権のない他の取締役に法人の破産申立てをしてもらうことが考えられます。

 

ただし、㋑の場合、破産申立てをする裁判所に対して、特別代理人の選任申立てをすることも必要になります。

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。 神戸事務所TEL:078-382-3531 姫路事務所TEL:079-226-8515 受付:平日9:00~20:00 弁護士法人 法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会所属)

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

神戸事務所 078-382-3531

神戸事務所 079-226-8515

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

受付平日9:00~20:00