破産を申し立てるにあたり、法人と個人とで対応に差異はありますか?

質問

 

破産を申し立てるにあたり、法人と個人とで対応に差異はありますか?

 

回答

法人の破産の場合は特に機密性・慎重性・迅速性が必要になります。

 

法人の破産の場合、債権者には金融機関以外にも多くの取引先が含まれることも多いです。

破産手続が開始され、弁護士から受任通知が送付されると、法人の破産手続の準備に入ったことが様々なところに伝わりますので、債権者が店舗の商品や工場の機械といった財産的価値のあるものを持ち出すという問題が生じるおそれがあります。

 

したがって、法人の破産手続きの場合は特に慎重かつ迅速に行う必要があります。

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。 神戸事務所TEL:078-382-3531 姫路事務所TEL:079-226-8515 受付:平日9:00~20:00 弁護士法人 法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会所属)

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

神戸事務所 078-382-3531

神戸事務所 079-226-8515

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

受付平日9:00~20:00