法人が破産する場合、連帯保証人はどうなりますか?

質問

法人が破産する場合、連帯保証人はどうなりますか?

 

回答

連帯保証人が、法人に代わって債務の返済を請求されます。

中小企業の法人の代表者は、多くの場合法人の連帯保証人になっています。

この場合、法人が破産すると連帯保証人である法人代表者に債権者から請求されることになります。

その額によっては、法人代表者も個人破産を検討することになりますが、経営者保証に関するガイドラインの活用により、破産をせずに一定の財産を維持したまま保証債務を整理できる可能性がある等、ほかの方法があるかもしれませんので、まずは弁護士にご相談ください。

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。 神戸事務所TEL:078-382-3531 姫路事務所TEL:079-226-8515 受付:平日9:00~20:00 弁護士法人 法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会所属)

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

神戸事務所 078-382-3531

神戸事務所 079-226-8515

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

受付平日9:00~20:00