会社の経営者ですが、資金繰りが上手くいかないときはどう対処したらよいのでしょうか?

【租税公課を滞納する恐ろしさ】

質問

 

会社を経営している者ですが、今月末に、金融機関に300万円、租税公課に300万円を支払わなければなりません。ところが、資金繰りが厳しく、いま手元に300万円の現金しかありません。会社としては、どのように対応すればよいでしょうか?

 

回答

 

金融機関には現状を説明して、とりあえず租税公課の支払を優先するようにしてください。金融機関からの借入金であれば、金融機関との協議により、以後の支払いを猶予してくれたり、今後の再建手続きによっては、債権カットなどの再生案に賛成を得られることもあります。これに対して、租税公課は再建手続きにおいても、債権カットの対象となりません。そのため、その負担の重さに耐えきれずに再生を断念し、破産の選択をせざるを得ないおそれがあります。

 

そもそも、租税公課は倒産手続きにおいても、財団債権として金融機関からの借入金である一般破産債権よりも優先して支払うべき性質の債権です。そこで、金融機関と協議する際には、その旨を説明していただき、租税公課への優先的な支払への理解と金融機関への返済の条件変更について、お願いしてみてください。

 

企業再生・倒産問題にお悩みの企業様は、この分野に詳しい弁護士に一度ご相談ください。

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。 神戸事務所TEL:078-382-3531 姫路事務所TEL:079-226-8515 受付:平日9:00~20:00 弁護士法人 法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会所属)

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

神戸事務所 078-382-3531

神戸事務所 079-226-8515

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

受付平日9:00~20:00