娯楽施設(アミューズメント)の破産の特徴

ゲームセンターなどの娯楽施設(アミューズメント施設)の経営については,以下のようなリスクがあります。

 

まず,ゲーム機は,人気な高機能機種であるほど高額で,初期投資が大きいことが挙げられます。また,これらゲーム機のメンテナンス費用に加え,近年ではネットワーク型通信機器を導入することが一般的であるため,通信費等のランニングコストも決して低くありません。さらに,大規模商業施設内に立地することが多いため,賃料も高額です。そして,これらの債務は,飲食店の仕入れ債務のように集客具合によって変動するわけではなく,固定的な債務となります。

 

そのため,ひとたび集客が途絶え売り上げが減少すると,たちまち債務の支払いに窮し,支払い不能に陥ることになります。

 

また,営業中の会社が破産する場合には,取引先との調整や労働者の対応,申立費用の捻出等,様々な事情を考慮して,破産申立てのベストなタイミングを見極める必要があります。娯楽施設の破産をご検討の方は,ぜひ早急にこの分野に詳しい弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。 神戸事務所TEL:078-382-3531 姫路事務所TEL:079-226-8515 受付:平日9:00~20:00 弁護士法人 法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会所属)

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

神戸事務所 078-382-3531

神戸事務所 079-226-8515

メールでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

受付平日9:00~20:00